東京外国語大学言語モジュール

第32章 分詞、動名詞の応用

第32章

例文

قَابَلْتُ ٱلسَّفِيرَ ٱلْكَاتِبَ مُذَكِّرَاتِهِ أَثْنَاءَ إِقَامَتِهِ بِٱلْقَاهِرَةِ.
(私はカイロ滞在中の回顧録を書いている大使に会いました。)
سَيَقُومُ ٱلْأَسَاتِذَةُ بِتَأْلِيفِ قَامُوسٍ عَرَبِيٍّ يَابَانِيٍّ.
(その教授たちはアラビア語・日本語辞書の編纂を行うでしょう。)
أَقْبَلَ ٱلْأُسْتَاذُ عَلَى ٱلطُّلَّابِ مُبْتَسِمًا لَهُمْ.
(その教授は微笑みかけながらその学生たちに近づきました。)

第1節 分詞を用いた高度な表現

اَلرَّجُلُ ٱلَّذِي رَجَعَ إِلَى ٱلْبَيْتِ
(家に戻ったその男)
اَلرَّجُلُ ٱلرَّاجِعُ إِلَى ٱلْبَيْتِ
(家に戻ったその男)
اَلْبِنْتُ ٱلَّتِي رَجَعَتْ إِلَى ٱلْبَيْتِ
(家に戻ったその少女)
اَلْبِنْتُ ٱلرَّاجِعَةُ إِلَى ٱلْبَيْتِ
(家に戻ったその少女)
اَلرَّجُلُ ٱلَّذِي يَبْقَى وَحِيدًا
(独りでいるその男)
اَلرَّجُلُ ٱلْبَاقِي وَحِيدًا
(独りでいるその男)
اَلْبِنْتُ ٱلَّتِي تَبْقَى وَحِيدَةً
(独りでいるその少女اَ)
اَلْبِنْتُ ٱلْبَاقِيَةُ وَحِيدَةً
(独りでいるその少女)
اَلرَّجُلُ ٱلَّذِي كَتَبَ رِوَايَةً
(小説を書いたその男)
اَلرَّجُلُ ٱلْكَاتِبُ رِوَايَةً
(小説を書いたその男)
اَلْبِنْتُ ٱلَّتِي كَتَبَتْ رِوَايَةً
(小説を書いたその少女)
اَلْبِنْتُ ٱلْكَاتِبَةُ رِوَايَةً
(小説を書いたその少女)
اَلطَّالِبُ ٱلَّذِي يَعْتَبِرُ ٱلْأُسْتَاذَ عَظِيمًا
(その教授を偉大だと思っているその学生(男))
اَلطَّالِبُ ٱلْمُعْتَبِرُ ٱلْأُسْتَاذَ عَظِيمًا
(その教授を偉大だと思っているその学生(男))
اَلطَّالِبَةُ ٱلَّتِي تَعْتَبِرُ ٱلْأُسْتَاذَ عَظِيمًا
(その教授を偉大だと思っているその学生(女))
اَلطَّالِبَةُ ٱلْمُعْتَبِرَةُ ٱلْأُسْتَاذَ عَظِيمًا
(その教授を偉大だと思っているその学生(女))
اَلطَّالِبُ ٱلَّذِي أَعْطَى ٱلْبِنْتَ هَدِيَّةً
(その娘に贈物をあげたその学生(男))
اَلطَّالِبُ ٱلَّذِي أَعْطَى لِلْبِنْتِ هَدِيَّةً
(その娘に贈物をあげたその学生(男))
اَلطَّالِبُ ٱلْمُعْطِي لِلْبِنْتِ هَدِيَّةً
(その娘に贈物をあげたその学生(男))
اَلْكِتَابُ ٱلَّذِي كُتِبَ فِي ٱلْيَابَانِ
(日本で書かれたその本)
اَلْكِتَابُ ٱلْمَكْتُوبُ فِي ٱلْيَابَانِ
(日本で書かれたその本)
اَلرِّوَايَةُ ٱلَّتِي كُتِبَتْ فِي ٱلْيَابَانِ
(日本で書かれたその小説)
اَلرِّوَايَةُ ٱلْمَكْتُوبَةُ فِي ٱلْيَابَانِ
(日本で書かれたその小説)
اَلْأُسْتَاذُ ٱلَّذِي يُعْتَبَرُ عَظِيمًا
(偉大だと思われているその教授(男))
اَلْأُسْتَاذُ ٱلْمُعْتَبَرُ عَظِيمًا
(偉大だと思われているその教授(男))
اَلْأُسْتَاذَةُ ٱلَّتِي تُعْتَبَرُ عَظِيمَة
(偉大だと思われているその教授(女))
اَلْأُسْتَاذَةُ ٱلْمُعْتَبَرَةُ عَظِيمَةً
(偉大だと思われているその教授(女))
اَلرَّجُلُ ٱلَّذِي نُظِرَ إِلَيْهِ
(その見られた男)
اَلرَّجُلُ ٱلْمَنْظُورُ إِلَيْهِ
(その見られた男)
اَلْبِنْتُ ٱلَّتِي نُظِرَ إِلَيْهَا
(その見られた少女)
اَلْبِنْتُ ٱلْمَنْظُورُ إِلَيْهَا
(その見られた少女)
اَلرِّجَالُ ٱلَّذِينَ نُظِرَ إِلَيْهِمْ
(それらの見られた男たち)
ٱلرِّجَالُ ٱلْمَنْظُورُ إِلَيْهِمْ
(それらの見られた男たち)

第2節 動名詞を用いた高度な表現

أَنْ يَرْجِعَ إِلَى ٱلْبَيْتِ
(家に戻ること)
رُجُوعٌ إِلَى ٱلْبَيْتِ
(家に戻ること)
أَنْ يَبْقَى وَحِيدًا
(独りでいること)
بَقَاءٌ وَحِيدًا
(独りでいること)
اَنْ يَكْتُبَ رِوَايَةً
(ある小説を書くこと)
كِتَابَةُ رِوَايَةٍ
(ある小説を書くこと)
أَنْ يَعْتَبِرَ ٱلْأُسْتَاذَ عَظِيمًا
(その教授を偉大だと思っていること)
اِعْتِبَارُ ٱلْأُسْتَاذِ عَظِيمًا
(その教授を偉大だと思っていること)
أَنْ يُعْطِيَ لِلْبِنْتِ هَدِيَّةً
(その娘に贈物をあげること)
إِعْطَاءٌ لِلْبِنْتِ هَدِيَّةً
(その娘に贈物をあげること)
أَنَّ ٱلرَّجُلَ رَجَعَ إِلَى ٱلْبَيْتِ
(その男が家に戻ったこと)
رُجُوعُ ٱلرَّجُلِ إِلَى ٱلْبَيْتِ
(その男が家に戻ったこと)
أَنَّ اَلرَّجُلَ بَقِيَ وَحِيدًا
(その男が独りでいたこと)
بَقَاءُ اَلرَّجُلِ وَحِيدًا
(その男が独りでいたこと)
أَنَّ اَلرَّجُلَ يَكْتُبُ رِوَايَةً
(その男がある小説を書くこと)
كِتَابَةُ اَلرَّجُلِ رِوَايَةً
(その男がある小説を書くこと)
أَنَّ ٱلطَّالِبَ يَعْتَبِرُ ٱلْأُسْتَاذَ عَظِيمًا
(その学生がその教授を偉大だと思うこと)
اِعْتِبَارُ ٱلطَّالِبِ ٱلْأُسْتَاذَ عَظِيمًا
(その学生がその教授を偉大だと思うこと)
أَنَّ اَلطَّالِبَ أَعْطَى لِلْبِنْتِ هَدِيَّةً
(その学生がその娘に贈物をあげたこと)
إِعْطَاءُ اَلطَّالِبِ لِلْبِنْتِ هَدِيَّةً
(その学生がその娘に贈物をあげたこと)

第3節 分詞、動名詞の副詞的用法

ذَهَبَتْ إِلَى ٱلْمَحَطَّةِ مُسْرِعَةً.
(彼女は急いで駅に行きました。)
ذَهَبَتْ إِلَى ٱلْمَحَطَّةِ وَهِيَ مُسْرِعَةٌ.
(彼女は急いで駅に行きました。)
تَحَدَّثَ ٱلْكَاتِبُ عَنْ رِوَايَتِهِ، مُؤَكِّدًا أَنَّهَا سَتَكُونُ أَشْهَرَ ٱلْأَعْمَالِ ٱلْأَدَبِيَّةِ فِي ٱلْعَالَمِ.
(その作家は、自らの小説が世界でもっとも有名な文学作品になるだろうと確信しつつ、それについて話しました。)
اِخْتَرْنَاهُ رَئِيسَ ٱلدَّولَةِ ٱعْتِرَافًا بِقُدْرَتِهِ.
(私たちは彼の能力を認めて、彼を大統領に選びました。)
تَجَمَّعَ أَكْثَرُ مِنْ مِلْيُونِ مِصْرِيٍّ فِي مَيْدَانِ ٱلتَّحْرِيرِ ٱحْتِجَاجًا عَلَى فَسَادِ ٱلْحُكُومَةِ.
(100万人以上のエジプト人が政府の腐敗に抗議して、タハリール広場に集まりました。)

もっと学ぶために

أَعْطَى ٱلْبِنْتَ هَدِيَّةً.
(彼はその娘に贈物をあげました。)
هَدِيَّةٌ أُعْطِيَتْ لِلْبِنْتِ
(その娘に与えられたある贈物)
هَدِيَّةٌ مُعْطَاةٌ لِلْبِنْتِ
(その娘に与えられたある贈物)
اَلْبِنْتُ ٱلَّتِي أُعْطِيَ لَهَا هَدِيَّةً
(贈物を与えられたその娘)
اَلْبِنْتُ ٱلْمُعْطَى لَهَا هَدِيَّةً
(贈物を与えられたその娘)
عَلَى ٱلرَّغُمِ مِنْ كَوْنِهِ أَجْنَبِيًّا فَقَدْ فَهِمَ مَشَاعِرَ ٱلشَعْبِ ٱلْمِصْرِيِّ.
(彼は外国人であったにもかかわらず、エジプト人の感情を理解しました。)
عَلَى ٱلرَّغُمِ مِنْ أَنَّهُ كَانَ أَجْنَبِيًّا فَقَدْ فَهِمَ مَشَاعِرَ ٱلشَعْبِ ٱلْمِصْرِيِّ.
(彼は外国人であったにもかかわらず、エジプト人の感情を理解しました。)
نَخْتَارُهَا رَئِيسَةَ ٱللَّجْنَةِ بِسَبَبِ كَوْنِهَا أَفْضَلَ طَالِبَةٍ فِي ٱلصَّفِ.
(彼女がクラスで一番良い学生だという理由で、私たちは彼女を委員会の長に選出します。)
نَخْتَارُهَا رَئِيسَةَ ٱللَّجْنَةِ بِسَبَبِ أَنَّهَا أَفْضَلُ طَالِبَةٍ فِي ٱلصَّفِ.
(彼女がクラスで一番良い学生だという理由で、私たちは彼女を委員会の長に選出します。)