東京外国語大学言語モジュール

3.3. 高平調

 高く長めに発音されます。概念的には高さは一定と考えられますが、実際には自然降下します。後ろに何も続かないときは末尾が明らかに下がりますが、下降調ほど低くはなりません。喉は緊張しません。開音節、撥音節に現れます。

 

1. 開音節に現れる高平調の例

 
တော [tɔ́ ]
များ [myá ] 多い
ရွေး [ywé ] 選ぶ

2. 撥音節に現れる高平調の例

 
တွန်း [túɴ ] 押す
သုံး [t̪óuɴ ] 使う;3(数字)
ပြောင်း [pyáuɴ ] 変わる
သွင်း [t̪wíɴ ] 入れる

page203.xml